脱毛サロンの中途解約と手数料について|女子学生の全身脱毛

解約

全身脱毛解約は可能?

クーリングオフ

思い立って脱毛の契約をしたけれど、気が変わってしまった。こんな場合も実際あるでしょう。

まず、契約より8日以内であればクーリングオフが可能。
クーリングオフは「契約を解除する」旨を記載した書面にて行います。

クーリングオフって聞いたことのない学生さんはいないとは思います。

契約より8日以内、契約期間1ヶ月以上などの規定はありますが、契約して気が変わった場合はクーリングオフで契約解除が可能ということは覚えた起きましょう。

契約したら何が何でも続けなければいけない、ということはありません。
書面の書き方や詳細は国民生活センターで確認できます。

 

中途解約

次に、脱毛を初めたはいいけれど事情が変わった、綺麗になったので解約したい場合など、いわゆる中途解約の場合です。

調べたところ、中途解約不可というサロンはなし(月額制は除く)、中途解約は基本的に可能と考えて良いようです。

キレイモや脱毛ラボなどのいわゆる月額制の全身脱毛は、いつでも辞めることができるので、そもそも解約という発想自体ないという認識が妥当かなと思います。

 

脱毛の中途解約について

中途解約についての規約はサロンにより違いがありますが、大手サロンの場合、大きく次の3パターンに分かれます。

① 解約手数料なしで残額を返金

② 脱毛未消化分の10%を解約手数料として残額返金

③ ②が20,000円を超える場合は20,000円を解約手数料として残金返金

申し出の時期等はサロンごと要確認です。

 

解約手数料無料のミュゼ

①のサロンは解約手数料が一切無料。

調べたところ、現時点で解約手数料がかからないのはミュゼくらい(他はないはず…)。

しかも解約手続きがスムーズで良心的、学生さんでも安心して始めることのできるサロンのひとつと言えます。

 

解約手数料はいくら?

他のサロンの多くが”解約手数料を差し引いた残金を返金”というパターンに該当します。

契約金額のうち未消化分の10%、上限2万円を解約手数料とする脱毛サロンがほとんどです。
つまり、未消化分×10%と2万円の大きい方が解約手数料(Aとする)となります。

返金される金額=未消化分の脱毛料金ー(A)
ということです。

ただし脱毛ラボには”上限2万円”の規定はない模様、『未消化分×10%=解約手数料』となります。

さいごに

気持ちが変わったり、はたまた事情が変わることってままあることです。

中途解約ができるのか、手数料や違約金はかからないのかなど事前に確認しておけば,「場合によっては解約できる」という選択肢があるので安心が一つ増えるでしょう。

 

関連記事

全身脱毛最短8ヵ月!? レジーナクリニック

レジーナクリニック
学生にやさしい安さの医療脱毛☆レジーナクリニック,全身脱毛おすすめです。 >>詳細ページはこちら

最もお得に感じるサロンC3

c3
もっともお得に感じるサロンNo1はC3!!女子学生に人気の全身脱毛、コスパ抜群です。   >>詳細ページはこちら

学割のある全身脱毛 KIREIMO

キレイモ
こちらも女子学生人気。キレイモの学割はホントにお得デス! >>キレイモ詳細ページはこちら
ページ上部へ戻る